読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mutesic

Mute/Music

RIKANOID RIKANOIA

f:id:ataizi:20140924122158j:plain

『RIKANOID RIKANOIA』は「遥梨華乃(ハルカリカノ)」というキャラが、情報として音楽の中に組み込まれているというコンセプトで作りました。メディアミックス 的というか。全4章ある曲です。1章「モールス・リズム」とは、テキストをモールス符号に変換し、それをリズム化して演奏したもの。文章の1行ごとにそのやり方を変えています。3章めはボ カロによる歌です。ほかに、波形のスペクトログラムを表すとタイトル文字「RIKANOID RIKANOIA」が浮かび上がるノイズなどを入れたりしています。この曲は、昔書いた「スタート・アンドロイド」という詩をもとにして、そのインスピレーションからつくりました。
 
 1章 モールス・リズム「ねえ、わたしはリカノ」
 2章 圧電効果(Piezoelectric Effect)
 3章 翔べないアンドロイドの運動を助けるために
 4章 リカノの二つの夢(謎の要塞&ワルツ・リカノ)
 

f:id:ataizi:20151107025523j:plain

[キャラ] 遥梨華乃(ハルカリカノ)[♀年齢不明]
 
[テキスト](1章:これをモールス符号に変換してリズム化)
 Hey, I am Rikano.(ねえ、わたしはリカノ)
 Always beside you.(いつだって、あなたのそばにいる)
 You don't notice maybe.(たぶん、あなたは気づいてくれない)
 Though rhythm has told it. (リズムは伝えているのだけれど)
 Dazzling dancing.(眩しく踊っているんだ)
[歌詞] 翔べないアンドロイドの運動を助けるために
 遥梨華乃はこう考えた
 翔べないってことはないと
 さあ 動いて アンドロイド
 信号を読み取ってその位置を計る
 いまならもっと自由に制御できるかも
 微かに光る それは「スタート」の文字
 
[詩] スタート・アンドロイド
 波のうねりが砂を巻き上げ連れ戻し引いたあと
 帝国の楼閣は吹きすさぶ風に侵食されつつ姿を表す
 アンドロイドはカプセルの寝具のなかで
 半透明な膜が周期的に呼気する時間と戦いながら眠っている
 千年の時が水晶の中に閉じ込められて静止していた
 物体は輝かずに 暗い 光ではないものを発している
 電光掲示板の中の絵がかすかに「スタート」の文字を発光させると
 動かないはずの壁面が建物から分離し 苔をそぎ落とし 離れ 合体する
 すると まだ現れていない蝶がジグザグな飛行を開始し
 翔べないアンドロイドの運動を助けるために
 空間を切り刻みながら音階の導く室内へと入ってくる
 そこには肉体のない彼女の器官が調和を腐らせ息をしていた
 蝶は命ではなかったが 見えたので 無ではなく 運動だけで生きているわけではない
 彼女は夢を蝶のなかにいれて活動の振幅をつかもうとする
 ジグザグが距離になり 計れない 軌道を残し そしてまた 翔び
 繰り返しが徐々に夢のかたちを鮮明にしていくと
 楼閣がうねりのなかで引きながら迫ってきて
 対立項の一方へと引き寄せられていく
 

f:id:ataizi:20151107025407j:plain

RIKANOID RIKANOIA - EP

RIKANOID RIKANOIA - EP

  • 秋山タイジ
  • エレクトロニック
  • ¥1200

 

広告を非表示にする